EU離脱合意公表直前「待った」 英首相、大詰めで交渉迷走

  • LINEで送る

15日、ロンドンの英首相官邸を出るメイ首相(ゲッティ=共同)

 【ブリュッセル、ロンドン共同】大詰めを迎える英国の欧州連合(EU)離脱を巡る交渉で、英EUが英国全体を「当面」EU関税同盟に残す内容の合意を実務レベルで取りまとめたが、閣僚らの支持を得られないことを恐れたメイ英首相が直前に待ったを掛けたことが分かった。15日付英紙デーリー・テレグラフが伝えた。重要局面で交渉の迷走が鮮明になった。

 EU欧州委員会報道官は15日の記者会見で、17〜18日のEU首脳会議までに交渉は「計画されていない」と説明。同会議で離脱条件での合意にめどを付け、11月の臨時首脳会議で最終合意を図る方針の実現は難しくなってきた。