チバニアン見学施設整備へ 天然記念物の地層、千葉

  • LINEで送る

天然記念物に指定された地層=千葉県市原市

 千葉県市原市は15日、地球史のうち77万〜12万6千年前を「チバニアン(千葉時代)」と命名するよう国際学会に申請された根拠となっている同市の地層の保存と活用のため、周辺の民有地を買い取り見学施設を整備すると発表した。

 市などによると、この地層は海底から隆起し、同市田淵地区に露出した「養老川流域田淵の地磁気逆転地層」で、15日、国の天然記念物に指定された。

 指定区域の全地権者が市有地化に同意し、2020年度をめどに見学施設を設置。市が公開中の動画「15分で学ぶチバニアン」や写真を使い、観光客らの理解を深める。遊歩道整備やボランティアガイド育成も進める。