原田龍二が全裸入浴会見 初写真集の喜び語る

  • LINEで送る

洗面器で股間を隠してポーズを決める原田龍二=12日、東京都内

 俳優の原田龍二が、東京都内で開かれた自身初のデジタル写真集“愛”シリーズの刊行記念取材会に登場。裸と温泉がテーマの写真集にちなみ、全裸でバスタブに入ったまま報道陣に囲まれた原田は「カメラアングルにお気を付けください」とハプニングを警戒しつつ、股間を洗面器で隠して巧みにポーズを決めた。

 一昨年のバラエティー番組で潔い脱ぎっぷりを披露して注目を浴びた原田。大の温泉好きでもあり、たとえ旅番組の撮影中でも水着やタオルで体を隠してお湯に入ることはないという。「裸の方がお湯を全身で感じられる」と力説する。

 写真集ではそんな原田の温泉愛と、裸へのこだわりを存分に表現した。お気に入りは全裸で川を悠々と泳いでいるカット。「家族で旅行に行ってもこんな感じ。精神が小学生から変わっていないんです。誰か叱ってください」と苦笑する。

 47歳での初写真集を「ずっと体当たりでやってきた結果」と喜ぶ。恥ずかしさはあるが「求められれば100%以上応えたい。せっかく芸能界にいるので、これで少しでも笑いや元気を与えられたら」と語った。

 家族の反応について問われると「妻は素晴らしいと褒めてくれました」とにっこり。しかし高校生の長男と小学生の長女には報告できていないといい、「できれば娘の目には触れてほしくない…」と苦悩していた。