新国立競技場で天皇杯決勝を開催 2020年元日、スポーツで初

  • LINEで送る

2020年元日に天皇杯決勝を新国立競技場で開催することを発表する日本サッカー協会の須原清貴専務理事=11日、東京都内

 日本サッカー協会は11日、東京都内で理事会を開き、2020年1月1日の第99回天皇杯全日本選手権決勝を、東京五輪・パラリンピックのメインスタジアムとなる東京・新国立競技場で行うと決めた。新国立競技場は19年11月末の完成予定で、スポーツでは初めて催される大会となる。

 国立競技場での決勝開催は改築工事前の14年1月1日に行われた第93回大会以来、6大会ぶり。94回大会以降の決勝は、横浜市の日産スタジアムや東京都調布市の味の素スタジアム、さいたま市の埼玉スタジアムなどで開催され、現在行われている第98回大会の決勝も埼玉スタジアムで実施される。