京成線、一部再開に10時間以上 JR東日本でも塩害か

  • LINEで送る

京成電鉄の運転見合わせなどの影響で、バスの切符を求める長い列ができた成田空港第1ターミナル=5日午後4時30分ごろ

 京成線は5日、塩害が原因とみられる停電による全線の運転見合わせが同日午後も続いた。京成電鉄によると、10時間以上すぎてから一部区間で運転を再開した。JR東日本でも同日、電車のパンタグラフから火花が散り、台風24号による塩害の可能性があるとみて調べている。

 千葉市のJR千葉駅では5日午前6時ごろ、ホームに到着した総武快速線電車のパンタグラフから火花が出ているのを発見。この影響で、外房線など計8路線で最大3時間40分の遅れや運休が出た。

 5日午後4時ごろには、JR総武快速線新小岩―市川間の線路脇で陥没が見つかり、約2時間にわたって上下線が運転を見合わせた。