貴乃花親方、翻意を否定 「別の形で貢献できれば」

  • LINEで送る

部屋の前で報道陣の取材に応じる貴乃花親方=27日午後、東京都江東区

 日本相撲協会に退職を届け出ている大相撲の貴乃花親方(元横綱)が27日、東京都江東区の貴乃花部屋前で取材に応じ、退職について考えを変えるつもりはないかとの問いに「はい」と答え、翻意の可能性を否定した。

 25日に提出した届け出は書類上の問題でまだ受理されていないが、この日行われた協会の年寄総会を欠席した。

 弟子の千賀ノ浦部屋への移籍に関し、10月3日からの秋巡業には力士は千賀ノ浦部屋の所属で参加することになるかとの問いに「そうなるかと思う」と見通しを述べた。

 今後については「何も具体的なものはない」とした上で「これから別の形で貢献していければいい」と話した。