ワイルドバンチ再映画化へ メル・ギブソン監督

  • LINEで送る

メル・ギブソン氏(AP=共同)

 【ロサンゼルス共同】米映画界の巨匠サム・ペキンパー監督の西部劇「ワイルドバンチ」(1969年)を、俳優メル・ギブソン氏が監督を務めてリメークすることが24日までに決まった。米映画誌ハリウッド・リポーターなどが報じた。公開時期は未定。

 1910年代の強盗団を描いたワイルドバンチはペキンパー氏の最高傑作と名高く、その後の映画作りに大きな影響を与えたとされる。

 「リーサル・ウェポン」の主演などで知られるギブソン氏は、太平洋戦争の沖縄戦で75人の命を救った米軍衛生兵の半生を映画化した「ハクソー・リッジ」(2016年)でメガホンを取った。