イラン核合意、米抜きで外相会合 救済策を要求

  • LINEで送る

 【ニューヨーク共同】トランプ米政権が離脱し崩壊の危機にあるイラン核合意の参加国による外相級会合が24日、ニューヨークで開かれた。経済が混迷するイランは、米国が離脱に伴い再開した制裁の打撃を緩和する具体策を要求しており、他の参加国がイランを納得させる救済案を示せるかが焦点だ。

 イラン当局者によると、イランは原油輸出先の確保に加え、外資がイラン事業を続けられる銀行決済のシステムを構築するよう、特に欧州各国に要求。だが制裁の厳格な履行を求める米国が圧力を強める中、欧州側が実効性のある措置を取るのは困難との見方も出ている。