サントリー、PB参画否定 ビール大手で対応分かれる

  • LINEで送る

 流通業者から製造を請け負う「プライベートブランド(PB)」戦略で、ビール大手各社の戦略が分かれている。キリンビールとサッポロビールが積極的に手掛ける中、サントリービールの山田賢治社長は21日、共同通信社のインタビューに対し「今後、PBに参画することはあり得ない」と表明した。

 サントリーは、セブン&アイ・ホールディングスなどと共同で開発し、両社のロゴを冠する製品は展開するが、自社のロゴが表示されないPB製品は扱っていない。山田氏はPBではなく自社ブランドにこだわる理由を「もの作りの思想や哲学を反映できる度合いで考えても全く違う」と説明した。