ロシア大統領と年内あと2回会談 首相、鈴木宗男氏に語る

  • LINEで送る

 安倍晋三首相は21日、鈴木宗男元衆院議員と官邸で会い、年内にあと2回、ロシアのプーチン大統領と会談を行うと明らかにした。会談の対処方針に関しては「国益に沿い、平和条約締結が一番だと頭に入れてやっていく」と述べた。面会後、鈴木氏が記者団に語った。

 2回とも国際会議に合わせた会談で、11〜12月にアルゼンチンで開かれる20カ国・地域(G20)首脳会合などが念頭にあるとみられる。

 首相は、プーチン氏が前提条件なしの年内の平和条約締結を提案したことについては「条約締結への熱意の表れで重く受け止める」と語ったという。