災害時、ドローンで新聞配達 北海道で実証実験

  • LINEで送る

 北海道新聞の販売所若手経営者らによる「札幌地方道新青年会」は21日、旭川市の河川敷でドローンを使った新聞配達の実証実験を実施した。地震など災害時でも、配達手段を確保するのが狙い。

 大地震で橋が壊れ、道路が寸断されたとの想定。実験でドローンはゆっくりと地面から上昇し、安定した様子で飛行して、約1分で新聞10部を約200メートル先の対岸の目的地に運んだ。

 6日の地震による全域停電(ブラックアウト)でテレビがつかず、スマートフォンも電池切れで情報を得られない人が続出した。同会は将来的な災害時の輸送手段確保のほか、新聞配達の自動化の可能性も検討したいとしている。