災害社会に必要な情報を発信 マス倫懇、申し合わせ採択

  • LINEで送る

申し合わせを採択し、閉幕したマスコミ倫理懇談会の第62回全国大会=21日午前、札幌市

 新聞社や放送局などでつくるマスコミ倫理懇談会の第62回全国大会は21日、札幌市で全体会議を開き「災害と直面する社会に必要かつ正確な情報を発信し続ける」とする大会申し合わせを採択し、閉幕した。

 申し合わせでは、北海道地震や西日本豪雨など大規模な災害が多発している現状に触れ「今まで以上に防災・減災報道、災害報道に取り組む姿勢が問われている」と指摘。

 「震度7の地震に襲われて以来、多くの人々が不便を強いられている北海道で開かれた今大会は、災害を自らのことと受け止め、報道への決意を新たにする機会となった」と強調した。

 次回は来年9月、高知市で開かれる。