独車大手3社、カルテルで調査 EU、排ガス浄化開発巡り

  • LINEで送る

 【ブリュッセル共同】フォルクスワーゲン(VW)などドイツの自動車大手3社が排ガス浄化技術の開発を巡ってカルテルを結び競争を回避していた疑いがあるとして、欧州連合(EU)欧州委員会は18日、EU競争法(日本の独禁法)違反の疑いで本格調査を開始したと発表した。

 違法行為が認定されれば、多額の制裁金が科される可能性がある。VWなどは違法ソフトウエアによる排ガス規制逃れ問題で打撃を受けたが、カルテル認定となれば、ドイツ車のブランドイメージが大きく損なわれるのは必至だ。