北海道地震、節電目標設定せず 連休明けから、経産相

  • LINEで送る

北海道の電力不足に対する当面の対応について説明する世耕経産相=14日午後、経産省

 世耕弘成経済産業相は14日、北海道の地震による平日の節電要請に関し、これまで「2割」としてきた数値目標の設定を連休明け18日から取りやめると発表した。揚水式の水力発電所などの再稼働を受け、緩和した。地域を区切って電力供給を順番に止める計画停電についても「当面は実施する必要はない」と語った。

 ただ、電力需給が正常化していないため、道内の家庭や企業にはできる限りの範囲で節電を呼び掛ける。北海道電力の真弓明彦社長は札幌市内で記者会見し、大規模停電の発生について「道民の皆さまに大変な不便や迷惑をかけたことを深くおわび申し上げる」と謝罪した。