自民、閉会中審査を拒否 プーチン発言で野党要求

  • LINEで送る

自民党の森山国対委員長(中央左)と会談する立憲民主党の辻元国対委員長(同右)ら=14日午前、国会

 自民党の森山裕国対委員長は14日、立憲民主党の辻元清美国対委員長と国会内で会談し、ロシアのプーチン大統領が前提条件なしの平和条約締結を求めた発言を巡り、辻元氏が求めた衆院予算委員会の閉会中審査開催を事実上、拒否した。会談後、森山氏は記者団に「プーチン氏の発言がどういう意味を持つか見極めたい。慎重な対応が必要だ」と語った。

 会談で辻元氏は、障害者雇用水増しの徹底審議なども要求した。森山氏は「国会の意思が政府に反映できるよう努力している」と述べるにとどめた。

 これに先立ち、野党の国対委員長らが協議、安倍晋三首相の対応も看過できないとの認識で一致した。