憲法、経済巡り論戦再開 自民総裁選討論会

  • LINEで送る

自民党総裁選討論会で握手する安倍首相(左)と石破元幹事長=14日午前、東京・内幸町の日本記者クラブ

 自民党総裁選(20日投開票)に立候補した安倍晋三首相(総裁)と石破茂元幹事長による日本記者クラブ主催の討論会が14日、開かれた。安倍氏は「戦後70年、一度も行えなかった憲法改正に挑戦し、日本の新しい時代を切り開いていく決意だ」と強調。石破氏は「地方、中小企業、農林水産業が持つ大きな潜在力を最大限に引き出すことが必要だ」と指摘した。両氏は憲法改正や経済政策、政権運営の在り方を巡り応酬を繰り広げた。

 安倍氏のロシア訪問により中断されていた論戦は4日ぶりに再開した。