沖縄、辺野古争点に与野党対決 県知事選に4氏届け出

  • LINEで送る

沖縄県知事選が告示され、有権者と握手する佐喜真淳氏(左、那覇市)、玉城デニー氏(右、伊江島)=13日

 沖縄県の翁長雄志知事の死去に伴う知事選が13日告示され、新人4氏が届け出た。米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設の是非を争点に、与野党が激しく対決する事実上の一騎打ちの構図。30日に投開票される。結果は政府の移設計画や、今後の日米関係に影響を与える可能性がある。

 立候補を届け出たのはいずれも無所属で、移設を進める安倍政権が推す前宜野湾市長佐喜真淳氏(54)=自民、公明、維新、希望推薦=と、反対を訴える自由党前衆院議員玉城デニー氏(58)ら4氏。

 ほかに元那覇市議で琉球料理研究家の渡口初美氏(83)と元会社員の兼島俊氏(40)も届け出た。