海外メディアなどが五輪会場視察 姿現した選手村や新国立競技場

  • LINEで送る

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は5日、海外メディアを含めた報道関係者向けの会場見学ツアーを行った。建設が進む東京・晴海の選手村やメインスタジアムとなる新国立競技場、五輪水泳センターなどの準備状況が公開され、各国から集まった記者らは興味深そうに担当者の説明に聞き入った。

 選手村は20基以上の大型クレーンが入って作業が続いており、宿泊棟は低層部分が姿を現している。新国立競技場は既にスタジアムらしい外観を備え、参加者からは「ワンダフル」との声も。五輪水泳センターは迫力ある巨大な屋根がお目見えし、有明体操競技場も観客席などの骨組みが浮かび上がった。