野球高校代表、宮崎で初練習 金足農・吉田は回復アピール

  • LINEで送る

キャッチボールをする高校日本代表の吉田=サンマリン宮崎

 野球の18歳以下によるU18アジア選手権(9月3日開幕・宮崎)に出場する高校日本代表が30日、メイン球場のKIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎で初練習を行った。当初は30分程度の予定だったが、選手の要望で約2時間汗を流した。

 夏の甲子園大会での疲労を考慮し、ここまで実戦登板のない吉田(秋田・金足農)は、力のこもったキャッチボールを披露。「試合くらいの強度で投げた。いつでもいけるという心持ち」と回復ぶりをアピールした。

 藤原(大阪桐蔭)は志願して打撃練習。柵越えの打球も見られ「後ろに体重を残して打つイメージ。いい感じで打てた」と満足げだった。