台湾野党、政権奪還へ民進党批判 国民党が党大会

  • LINEで送る

台湾の国民党大会で、11月の統一地方選へ向けて気勢を上げる候補者ら=19日、新北市内(共同)

 【台北共同】台湾の最大野党、国民党は19日、台北に隣接する新北市内で年に1度の党大会を開いた。呉敦義党主席(党首)は与党、民主進歩党(民進党)の蔡英文総統の経済や対中政策などを厳しく批判した。2020年の次期総統選での政権奪還を視野に前哨戦となる11月の統一地方選へ向けて党の結束を図った。

 呉主席は演説で「(蔡政権の2年余りで)治安は悪化し、経済力は低下し、両岸(中台)関係も緊張した」と強調。国民党の馬英九前政権では一桁台だった国際競争力の世界ランキングが17位まで低下したことなどを挙げ、馬前政権8年の成果を誇示した。