ヘリ製造会社、調査に協力 犠牲者に哀悼の意

  • LINEで送る

 【ニューヨーク共同】群馬県の防災ヘリコプター「はるな」が同県中之条町の山中に墜落、搭乗者9人全員が死亡した事故で、同ヘリを製造した米ベル・ヘリコプター・テキストロン社は13日、犠牲者らに哀悼の意を表し、事故原因の調査で「当局を支援する用意がある」との声明を発表した。

 声明で同社は「非常に悲しんでいる。われわれの思いは、パイロット、乗員やその家族、(運航委託先の)東邦航空、群馬県と共にある。心からお悔やみ申し上げる」としている。

 ベル・ヘリコプター社関係者は事故原因について「(捜査が継続中のため)残念ながら推測することはできない」とした。