辺野古移設中止を要請 全国知事アンケ結果公表へ

  • LINEで送る

米軍普天間飛行場の沖縄県名護市辺野古への移設に反対し、意見書を内閣府の担当者(右)に手渡す市民ら=10日午前、内閣府

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設に反対する市民らが10日、内閣府を訪れ、新基地の建設中止などを要請した。同日午後には辺野古埋め立てに関する全国の知事を対象にしたアンケートの結果も公表する。

 市民らは安倍晋三首相に宛てた意見書を内閣府の担当者に手渡し「亡くなった翁長雄志知事が訴えていたような沖縄をつくるのは国益にもつながるはず」などと訴え、沖縄への基地集中を解消する政策立案を求めた。担当者は「官邸に届ける」と応じた。

 意見書は、国内の米軍施設が集中する沖縄に新たに基地を建設するのは「根拠なき暴挙」とし、沖縄の差別と主張している。