福島出身の高校生ら被災体験語る 再生エネ普及に注力のドイツで

  • LINEで送る

9日、ベルリンで被災体験についてスピーチする県立福島高1年の山本優花さん(右)(共同)

 【ベルリン共同】ドイツの首都ベルリンで9日、福島県出身の高校生ら9人が「ベルリン独日協会」の会員を前に、2011年3月の東日本大震災と東京電力福島第1原発事故の体験や、将来の目標について英語でスピーチした。

 9人は被災地支援団体「アースウォーカーズ」の企画で、再生可能エネルギー普及に力を入れるドイツを訪問。県立福島高1年の山本優花さん(15)=福島市=は震災後、県外に一時避難。「なぜ福島を離れなくてはならないのか分からなかった。家族が離れ離れになるのが嫌だった」と振り返った。