台風12号、勢力保ち本州上陸へ 異例の西進、東海から九州

  • LINEで送る

台風12号の接近で風雨が強まる中、歩く親子連れ=28日午後1時45分、千葉県勝浦市

 強い台風12号は29日午前1時ごろ、勢力を保ったまま三重県伊勢市付近に上陸した。気象庁によると、台風は今後、速度を落としながら異例の西寄りコースを取る見通し。西日本では30日にかけて1時間に80ミリ以上の猛烈な雨が局地的に降るとみられる。土砂災害や川の増水・氾濫、暴風、高波、高潮の恐れがあり、気象庁は厳重な警戒を呼び掛けた。

 台風が異例の進路を取るのは、北海道付近にチベット高気圧と太平洋高気圧が張り出していて、北や東には進めず、日本の南の上空にある反時計回りの空気の渦(「寒冷低気圧」「寒冷渦」)の力で西に押し出されたためだ。