カジノ法案、参院委可決 与党、20日成立方針

  • LINEで送る

カジノを含む統合型リゾート施設(IR)整備法案を賛成多数で可決した参院内閣委=19日午後

 参院内閣委員会は19日、カジノを含む統合型リゾート施設(IR)整備法案を与党などの賛成多数で可決した。与党は20日の参院本会議に諮る方針だ。成立阻止を目指す野党は共闘し、衆院への内閣不信任決議案提出で抵抗する構えだが、否決される見込み。法案は、ギャンブル依存症対策など多くの課題を抱えたまま、20日の成立が確実な情勢となった。

 法案はカジノを刑法の賭博罪の適用対象から外し、解禁することが柱。IRは全国3カ所を上限に整備し、日本人から入場料6千円を徴収する。