追い山、博多の街を疾走 祇園山笠が閉幕

  • LINEで送る

 福岡市の夏の伝統行事「博多祇園山笠」は15日早朝、男衆が山車の「舁き山」を担いで街を駆け抜ける「追い山」でクライマックスを迎えた。威勢の良い「オイサ」の掛け声が響き、沿道は見物客の歓声に沸いた。

 追い山は、博多地区を七つに区分けしたグループ「流」の男衆が高さ4〜5メートル、重さ約1トンの舁き山を担ぎ、約5キロのコースのタイムを競う。

 スタート地点の櫛田神社(博多区)では午前4時59分、今年の1番手「西流」の舁き山が境内に駆け込んだ。水法被に締め込み姿の男衆は桟敷席の観客と共に「博多祝い唄」を唱和し、勢い良く街に飛び出した。