脱走受刑者を再逮捕 広島の潜伏先で窃盗疑い

  • LINEで送る

 愛媛県今治市の松山刑務所大井造船作業場から受刑者が脱走し、広島市で逮捕された事件で、広島県警は13日、潜伏先の広島県尾道市で現金や自転車などを盗んだとして、窃盗などの疑いで平尾龍磨容疑者(27)を再逮捕した。逮捕は3回目。容疑をおおむね認めている。

 再逮捕容疑は脱走した4月8日から逮捕された30日までの間に、尾道市内の住宅や駐車場など計9カ所で、現金約3万6千円と自転車やミニバイクなど50点(時価計約14万円相当)を盗んだ疑い。

 県警などによると、平尾容疑者は4月8日に刑務所施設を脱走し、尾道市・向島の別荘などに潜伏。24日夜に本州側へ泳いで渡った。