本年度中に移植実施へ、大阪大 iPS心筋承認

  • LINEで送る

臨床研究の実施が認められたことを受け、記者会見に臨む大阪大の澤芳樹教授=16日午後、東京・霞が関

 人工多能性幹細胞(iPS細胞)から作った「心筋シート」を重症心不全患者に移植する臨床研究の実施が認められたことを受け、研究を計画している大阪大の澤芳樹教授(心臓血管外科)が16日、東京都内で会見し「本年度中に1例目の移植をし、3年以内に全員への移植を終えたい」と話した。

 計画ではiPS細胞を心筋細胞に変化させてシート状(直径数センチ、厚さ約0・1ミリ)にし、虚血性心筋症の患者の心臓に貼り付けて、安全性や効果を確かめる。対象は3人。iPS細胞は、京都大の山中伸弥教授らが備蓄を進める、拒絶反応が起きにくいものを使用する。