厚労省、iPS心筋治療を承認 世界初の臨床研究開始へ、大阪大

  • 0
  • LINEで送る

iPS細胞から作製した心筋シートを移植する臨床研究のイメージ

 厚生労働省の再生医療評価部会は16日、人工多能性幹細胞(iPS細胞)から作った「心筋シート」を重症心不全患者の心臓に移植する大阪大の臨床研究を条件付きで承認した。研究チームの澤芳樹大阪大教授は「重要な通過点を越え、いよいよスタート地点に立った。本年度中に移植の1例目を行いたい」と述べた。

 iPS細胞を使った再生医療は既に重い目の病気の患者に対して行われているが、今回は日本人の死因第2位で、患者数も多い心臓病に対する世界初の治療となる。iPS細胞の可能性と利用の広がりを実証する研究として注目される。