市川市長に村越氏初当選 再選挙、5野党共闘が制す

  • LINEで送る

千葉県市川市長選の再選挙で、初当選した村越祐民氏(左)=22日夜、市川市

 昨年11月の投開票で立候補した5人がいずれも法定得票数に届かなかったことに伴う千葉県市川市長選の再選挙が22日投開票され、再出馬した無所属新人の元衆院議員村越祐民氏(44)=立民、民進、共産、自由、社民推薦=が、いずれも無所属新人で再出馬の元衆院議員田中甲氏(61)、元県議坂下茂樹氏(43)を破り初当選した。投票率は33・97%で、昨年11月を3・21ポイント上回った。

 「5野党共闘」の村越氏の勝利は、森友、加計学園問題などによる安倍政権批判が追い風になった可能性がある。村越氏は選挙事務所で「野党共闘候補として市民の力が結集した結果だ」と述べた。