日中、自由貿易体制の強化で一致 「ハイレベル経済対話」で

  • LINEで送る

中国との「ハイレベル経済対話」を終え、取材に応じる河野外相=16日午後、東京都港区の飯倉公館

 日中両政府は16日、貿易や投資など経済課題を議論する閣僚級の「ハイレベル経済対話」を東京都内で開き、米国と中国の通商摩擦が激化する中、自由貿易体制の強化が重要との認識で一致した。終了後、共同議長を務めた河野太郎外相は記者団に対し「貿易戦争を引き起こすことは国際経済の繁栄に影響があるとの認識を一にしている」と述べた。

 中国側の議長を務める王毅国務委員兼外相は経済対話で「(日中)双方が共に貿易保護主義に反対し、多国間貿易体制を守るべきだ」と訴えた。

 河野氏は、日本側が中国側に対し、過剰生産問題への対処が必要だと問題提起したと明らかにした。