辺野古反対派リーダーに有罪判決 移設抗議活動、那覇地裁 

  • LINEで送る

沖縄平和運動センター議長の山城博治被告への有罪判決を受け、「不当判決」などと書いた紙を掲げる弁護士ら=14日午後、那覇市

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設への抗議活動に伴い、威力業務妨害罪などに問われた反対派リーダー、沖縄平和運動センター議長の山城博治被告(65)に、那覇地裁(柴田寿宏裁判長)は14日、懲役2年、執行猶予3年(求刑懲役2年6月)の判決を言い渡した。

 逮捕後に約5カ月間勾留された被告は、移設反対運動への弾圧で、沖縄で表現の自由が抑圧されていると主張した。

 検察側は「犯行を指揮、主導した首謀者で果たした役割は大きい」としていた。