スキーW杯複合、渡部暁は2位 個人第17戦 

  • LINEで送る

 【トロンヘイム(ノルウェー)共同】ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)複合は13日、ノルウェーのトロンヘイムで個人第17戦が行われ、個人総合1位で平昌冬季五輪個人ノーマルヒル銀メダルの渡部暁斗(北野建設)は2位だった。

 前半飛躍(ヒルサイズ=HS140メートル)は132メートルを飛び、139・5点で首位。2位に12秒差でスタートした後半距離(10キロ)では、5キロすぎから平昌五輪金メダルのエリック・フレンツェル(ドイツ)と一騎打ちになり、最後に競り負けた。飛躍の4位から、距離で27秒差を逆転したフレンツェルは今季2勝目、通算43勝目。