日本ハム清宮は腹膜炎で入院 15日までは経過観察 

  • LINEで送る

 日本ハムは13日、ドラフト1位新人の清宮幸太郎内野手(東京・早実高)が東京都内の病院で精密検査を受け、腹腔内の一部に炎症が見られる「限局性腹膜炎」と診断されたと発表した。15日までは入院し、点滴などを受けて経過を観察する。

 球団によると、清宮はここ数日間、腹部の鈍痛や倦怠感などを訴えており、遠征先の広島から12日夜にチームを離れて東京に入っていた。13日にマツダスタジアムで行われた広島とのオープン戦は欠場した。

 ここまでオープン戦は7試合に出場し、15打数無安打で8三振。キャンプ中の2月22日にも体調を崩し、急性胃腸炎と診断されていた。