禁止の放射線照射を国容認 旧優生保護法下の不妊手術 

  • LINEで送る

放射線照射による優生手術について、旧厚生省が学術研究目的で許可した公文書(京都府立京都学・歴彩館所蔵)

 旧優生保護法下で障害者らへの不妊手術が繰り返された問題で、旧厚生省が1949年、京都府に対し、旧法や関連通知が認めていない放射線照射による措置を学術研究目的で許可していたことが13日、分かった。京都府立京都学・歴彩館に残る府の公文書で判明。府に問い合わせた京大が実際に照射による優生手術を行ったかは不明だが、当時から健康被害の恐れは指摘されており、識者は「法が認めていない術式を国が許可したのは問題」としている。

 実際に照射による優生手術を実施したかどうかについて京大は取材に「資料がなく確認できない」と回答した。