米保護主義に各国防戦に乗り出す WTOに提訴、通商紛争の恐れも 

  • LINEで送る

 【ジュネーブ共同】トランプ米政権が課している保護主義的な制裁措置を巡り、各国が防戦に乗り出した。韓国など3カ国が世界貿易機関(WTO)に提訴、中国や欧州連合(EU)も反発を強めている。各国が米国と報復し合う通商紛争に発展する恐れもある。

 WTOは20日、韓国が鉄鋼や変圧器に対する米国の反ダンピング(不当廉売)関税などが不当だとして提訴したと発表。米貿易政策をルール違反だとして提訴したカナダ、米国向け水産物に対する制裁措置を不服としたベトナムに次ぎ今年判明した3例目。

 いずれも当事国間の協議で解決する可能性は低く、紛争処理小委員会の審議に持ち込まれそうだ。