刺された男性、路上で死亡 大阪・羽曳野 

  • LINEで送る

 17日午後10時ごろ、大阪府羽曳野市の路上で、「65歳ぐらいの男性が倒れており、意識がない」と通行人が119番した。男性の背中には刺し傷があり、搬送先の病院で死亡が確認された。府警は18日、殺人容疑で羽曳野署に捜査本部を設置した。

 捜査本部によると、男性は17日午後9時半ごろ、一緒に食事をしていた知人を車で自宅へ送り届けた後、現場近くの駐車場に車を止めた。車を降りて歩いていた時に事件に巻き込まれたとみられ、当時「こら待て」という男の声を聞いたとの情報もある。

 男性はうつぶせの状態で倒れており、財布や携帯電話は残されたままだった。凶器は見つかっていない。