ジャパンライフの破産申し立て 顧客側、弁護団が記者会見 

  • 0
  • LINEで送る

記者会見する全国ジャパンライフ被害弁護団連絡会の石戸谷豊団長(右)ら=10日午後、東京都千代田区

 磁気治療器の預託商法を展開し、2千億円超の負債を抱えて事実上倒産したジャパンライフ(東京)について、顧客の相談に乗っている「全国ジャパンライフ被害弁護団連絡会」(石戸谷豊団長)は10日、東京都内で記者会見し、同社の破産を申し立てていたことを明らかにした。東京地裁は9日、同社の財産散逸を防ぐため、管理を弁護士に命じる保全管理命令を出している。

 申し立ては9日。連絡会は「当日に命令が出るのは極めて異例。地裁は悪質な財産隠しがされていると判断したのではないか」としている。

 地裁は近く審尋を開き、1カ月程度で破産の可否を決定する見通し。