フリースタイルW杯、山本が8位 自己最高の順位 

  • LINEで送る

男子スロープスタイル決勝 8位になった山本泰成のジャンプ=スノーマス(共同)

 【スノーマス(米コロラド州)共同】フリースタイルスキーのワールドカップ(W杯)は13日、米コロラド州スノーマスでスロープスタイル決勝が行われ、男子で16歳の山本泰成(尾瀬ク)が84・80点で、W杯自己最高の8位となった。

 アンドリ・ラゲットリ(スイス)が95・00点で優勝し、女子はヨハンネ・キルリ(ノルウェー)が91・60点で勝った。