スノボW杯HP、男子は戸塚3位 連続表彰台、女子は大江が5位 

  • 0
  • LINEで送る

男子ハーフパイプ決勝 戸塚優斗のエア。3位に入り、前回の中国でのW杯に続く表彰台=スノーマス(共同)

 【スノーマス(米コロラド州)共同】スノーボードのワールドカップ(W杯)は13日、米コロラド州スノーマスでハーフパイプ(HP)決勝が行われ、男子の戸塚優斗(ヨネックス)が94・50点で3位に入った。戸塚は前回の中国でのW杯に続く表彰台。

 安藤南位登(尾瀬ク)は81・25点の7位。優勝は五輪を2度制しているショーン・ホワイト(米国)で、満点の100・00点をマークした。

 女子は大江光が77・00点で5位、今井胡桃(以上バートン)は73・00点の7位、松本遥奈(クルーズ)は8位となった。ケラルト・カステリェト(スペイン)が制した。