失職前市長、出馬取りやめ 福岡・太宰府「一本化が必要」 

  • 0
  • LINEで送る

 市議会から2度の不信任を決議され、昨年12月に失職した福岡県太宰府市の芦刈茂前市長(68)は13日、今月21日告示、28日投開票の市長選に立候補しない考えを明らかにした。これまでは出馬するとしていたが、共同通信の取材に「改革派の一本化が必要だ」と見送りの理由を説明した。

 市長選には前市教育長の木村甚治氏(64)と元衆院議員の楠田大蔵氏(42)も既に出馬を表明。芦刈氏は「票が割れると元の市政に戻ってしまう。(木村氏に対抗するため)大局的に判断した」と述べ、楠田氏と連携する考えを示した。