中国電の石炭火力計画に意見 環境相、排出削減求める 

  • LINEで送る

 中国電力が島根県浜田市に計画する石炭火力発電所を巡り、中川雅治環境相は12日、地球温暖化対策上の懸念から、十分な二酸化炭素(CO2)排出削減策がなければ「容認されるべきではない」との意見をまとめ、世耕弘成経済産業相宛てに提出した。

 環境影響評価(アセスメント)の手続きの一環で、中川氏は閣議後の記者会見で「削減への道筋を明確にできなければ、計画の撤回を含め考えてほしい」と述べた。これを踏まえ経産相がどのような勧告を出すかや、中国電がどう応えるかが今後注目される。

 福島第1原発事故後、石炭火力発電所の新増設計画は全国で約40に上り、国際的に批判されている。