6カ月長女を死なせた疑い、横浜 29歳と19歳の夫婦を逮捕

  • 0
  • LINEで送る

 生後6カ月の長女を放置して死亡させたとして、神奈川県警南署は11日、保護責任者遺棄致死の疑いで、横浜市南区の自称派遣社員の男(29)と妻(19)を逮捕した。

 逮捕容疑は昨年5月18日ごろから長女に十分な食事や水分を与えずに衰弱させ、同月30日ごろに死亡させた疑い。

 署によると、同月31日未明、帰宅した夫婦が、床にうつぶせになった状態で意識不明の長女を見つけ119番。搬送先の病院で死亡が確認された。目立った外傷はなく、死因は脱水症と熱中症とみられる。

 夫婦は同月17日まで妻の実家に長女を預けていたが、引き取って以降は連日、長女を自宅に残して外出していた。