ふたご座流星群、出現のピークに 「例年よりたくさん」 

  • LINEで送る

 冬の夜空を彩る「ふたご座流星群」が出現のピークを迎え、天気などの条件が良ければ14日夜から15日未明にかけても全国的に流星を観察できそうだ。国立天文台によると、空の暗い場所で空全体を広く見渡すと見つけやすい。

 倉敷科学センター(岡山県)の三島和久学芸員は14日未明、倉敷市の鷲羽山の山頂付近から、南西方向にある瀬戸大橋に向けて流星が降り注ぐ様子を撮影。肉眼でも1時間に40個ほど観察できたという。三島さんは「今年は月明かりの影響が小さく、例年よりもたくさん見られるのでは」と話している。