米価安定へ制度設計急ぐ 全国組織で、JA全中

  • 0
  • LINEで送る

記者会見するJA全中の中家徹会長=7日午後、東京都千代田区

 全国農業協同組合中央会(JA全中)の中家徹会長は7日の定例会見で、国によるコメの生産調整(減反)が2018年産から廃止されることに伴って設立が決まった全国組織で、米価安定を図るための制度設計を急ぐ考えを示した。

 中家氏は「組織をどう機能させ、価格安定につなげるかだ」と述べた。具体策には言及しなかった。全国組織は、低価格の業務用米不足を背景に、生産者と外食・中食業者を引き合わせることに重点を置き、年内にも設立される見通しだ。