車内暴力の弁護士書類送検、札幌 タクシー破損疑い

  • 0
  • LINEで送る

 北海道警は14日、タクシー乗車中に暴れて車内を壊したとして、暴行と器物損壊の疑いで札幌弁護士会に所属する杉山央弁護士(37)を書類送検した。60代の男性運転手にけがはなかったが、タクシー会社が道警に被害届を提出。ドライブレコーダーには、弁護士が怒鳴ったり、運転席付近を何度も蹴ったりする姿が写っていた。

 捜査関係者によると、書類送検容疑は6日夜、札幌市中央区でタクシーに乗車した際、後部座席から運転席付近を蹴って防犯ボードを壊すなどした疑い。目的地までの経路を巡って激高したとみられる。

 タクシー会社は、弁護士に被害の弁済を求めると説明している。