NY株、5日ぶり小幅反落 利益確定の売り優勢

  • 0
  • LINEで送る

 【ニューヨーク共同】週明け17日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は5営業日ぶりに小幅に反落し、前週末比8・02ドル安の2万1629・72ドルで取引を終えた。ハイテク株主体のナスダック総合指数は1・96ポイント高の6314・43と7営業日続伸した。

 ダウ平均は朝方から取引材料に乏しく、方向感を欠く展開が続いた。前週末まで3日連続で終値が過去最高値を更新したことから、当面の利益を確定させるための売り注文がやや優勢となった。

 本格化している主要企業の2017年4~6月期決算の内容を見極めたいとして、積極的な取引を控える投資家も多かった。