南スーダンで100人超殺害 国連「戦争犯罪」と非難

  • 0
  • LINEで送る

 【ナイロビ共同】国連は19日、内戦が続く南スーダン南部イエイ州で昨年7月から今年1月にかけ、政府軍や配下の民兵組織が少なくとも114人の市民を殺害したとの報告書を発表、「戦争犯罪に匹敵する残虐行為」と非難した。

 報告書は最大民族ディンカ主体の政府軍側が、対立する民族の市民や、反政府勢力との関連を疑った人々を標的にしていると指摘。性的暴行や略奪も横行したという。

 国連が住民から聞き取り調査できた地域は限られており、実際の死者はさらに多いとみられる。国連は少女ら少なくとも11人の性的被害も確認。兵士らが暴行した後、殺害するケースもあった。