東電の火山灰年代に疑義 「柏崎原発に活断層か」

  • 0
  • LINEで送る

 東京電力柏崎刈羽原発(新潟県)の敷地周辺の断層を巡り、東電が活断層ではないとの根拠にしていた火山灰の年代について、東電側の「約20万年前」との見解に対し、地元専門家は15日、「約13万年前の可能性がある」との調査結果を明らかにした。

 火山灰の堆積年代は、断層の活動性の指標となる。原子力規制委員会の新規制基準は13万~12万年前以降にずれた断層は活断層としている。同原発の敷地周辺の断層が活断層と認定されれば、現在進められている6、7号機の再稼働に向けた審査にも影響しそうだ。