希少水生昆虫を販売容疑で男逮捕 静岡の自称標本商、警視庁 

  • LINEで送る

押収された水生昆虫シャープゲンゴロウモドキ=22日午前、警視庁丸の内署

 希少種に指定され、捕獲や譲渡が禁止されている水生昆虫「シャープゲンゴロウモドキ」を販売したとして、警視庁生活環境課は22日までに、種の保存法違反容疑で、静岡県焼津市駅北、自称標本商山本直樹容疑者(56)を逮捕した。

 逮捕容疑は昨年9月22日、東京都千代田区で開かれた昆虫標本の即売会で、松江市の自称チョウの研究者の男性(67)に1匹を1万円で販売した疑い。同課は22日、この男性を種の保存法違反容疑で書類送検した。

 生活環境課によると、シャープゲンゴロウモドキは絶滅の恐れがあるため、環境省が2011年に国内希少野生動植物種に指定している。